音楽ダウンロード・CD ~曲探しの旅~ TOP 



       

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【訃報】ドナ・サマー/Donna Summer、死去。大物著名人からも次々と哀悼のコメント……。 


本当に残念です。

今日は彼女の力強い歌声が、
天の国に高らかと響きわたるさまを想像しつつ、
記事を綴ります……。

※参考リンク(YouTube)↓
Donna Summer/ドナ・サマー」-「I Believe In Jesus/アイ・ビリーヴ・イン・ジーザス
  (※注、各種動画は都合により、
        削除されている場合があります。ご了承下さい。)






ホット・スタッフ~ドナ・サマー・グレイテスト・ヒッツ
ドナ・サマー
ユニバーサル インターナショナル
(2006-01-25)
売り上げランキング: 209





1970~1980年代にかけて次々と世界的ヒットをとばし、
ディスコ・ミュージックの第一人者として一世を風靡、世界中を席巻した、

  「ディスコの女王/Queen of Disco」こと、

ドナ・サマー(Donna Summer)さんが、5月17日早朝、肺癌のため、
米フロリダ州ネイプルズの自宅で、63歳の生涯を閉じられました。

ドナ・サマーさんはこのところ、
肺癌と闘病しながらも、
新作アルバムの仕上げに意欲的に取り組んでいた、とのことで、
体調が悪化したのはこの数週間のことだとみられる、という。

尚、彼女の訃報を最初に報じたのは、
米芸能情報サイトTMZ(TMZ.com)で、
その直後から、彼女と共に時代を分かち合った
様々なアーティスト達からの、
ツイッターやフェイスブックを通じての
多くの追悼のコメントが寄せられている、という。

以下、その一部。↓


 → 続きを読む  



スポンサーサイト

TSUTAYA オンライン でCD探し。「レンタル店頭在庫検索」(画像解説付き) - Jody Watley(ジョディ・ワトリー) - 



 ・なんだかんだ言っても、やっぱり便利な TSUTAYA/ツタヤ


TSUTAYA オンライン TOPページ



――音楽好きなら、
おそらく、誰もが必ず利用したことのある「TSUTAYA」。

インターネットが普及し、
ダウンロードだ、
ネットでCD購入だ、
ネット宅配レンタルだ、
いやいや、ネットでCD交換だ、
などと、多様な選択肢が増え、
ユーザーにとっては、ずいぶん便利な世の中になった今でも、
やはり、なんだかんだ言って、
こういうお店は結構重宝しますね。

例えばダウンロードだと、
一曲、¥150とか、¥200とかだし、

ネット宅配レンタルは、様々なプランはあるものの、
結局は月額利用料金が必要。

宅配レンタルってのは確かに便利なんだけど、
もう既に随分CDも持っているし、
デジタル音源だって結構揃っていて、
そんなに毎月、――月額利用料を払ってまで――、
何枚も借りたいCDが出てくるとは考えにくい。

その点、TSUTAYAなどのレンタル店なら、
店舗やレンタル日数、それに新作/旧作などにもよりますが、
CDアルバム一枚が¥200 ?¥400 程度。

10曲収録されているとしたら、1曲あたり¥20 ~¥40(!)という価格、
20曲収録されているとしたら、1曲あたり¥10 ~¥20( !! )という価格で、
必要なときに、必要な分だけ借りることが出来、
個人で楽しむ目的に限って言えば、
著作権問題もクリアしているので、
ダウンロード音源につきものの、ビットレートの制限や、拡張子の制約、
DRMによる携帯デジタルプレイヤーへの転送制限もないという有難さ(笑)。
(一部、コピーガードCDなどは除く。)

こういうものを活用しないテはありません(笑)。

もちろん、
どうしても手許においておきたいアルバムなどは、
ちゃんと購入しますがね。




 ・曲探しに彷徨う、音楽好きの我儘


しかし、このレンタルショップというもの。
最新のヒット曲や、著名なアーティストの曲は大抵揃っていますが、
古いCDや、最近あまり見かけなくなったアーティストのCD、
あるいは廃盤になったCDなど、
動きの少ないCDは、どうしても店頭から姿を消す傾向にあります。

まぁ、限られた店舗面積や、
保管場所の確保、などとといった不動産上の問題で(笑)、
CDやDVDなど、毎年次々発売されるものを、
いつまでも無尽蔵にストックするわけにはいかないので、
古いCD/DVDや、話題性に欠け、借り手の少なくなったものは、
いずれは処分しなければならない。

そういった事情は、我々にも非常によく理解できます。

――しかし例えばある時突然、
不意に天啓が訪れて、
自分のライブラリにはない曲をどうしても聴きたくなった時など、
取り敢えずダウンロードする程でもないし、
もちろんCDを買う程でもない。

んじゃ、まぁTSUTAYAでも覗いてみるか、と立ち寄った先で、
目当てのCDが無くてがっかりした、という経験。
あなたにはありませんか?

……今日は、
そんな時に無駄足を踏まなくても済む、
ちょっとした裏技(?)です。


 → 続きを読む  



Earth, Wind & Fire(アース・ウィンド&ファイアー) - ビーニャ音楽祭ライブ.2008 - その2 - 

……ええ。

前回、ちょこっとカテゴリーについて書いたら、
なんか気になってしまって、
アーティスト個別名の表示から、ジャンル別表示へ、
ソッコーで替えてやりました(笑)。
これで、ちょっと見やすくなりましたね。――納得(笑)。

   
   (楽天ブックス)

それはともかく、
Earth, Wind & Fireアース・ウィンド & ファイアー)、
ビーニャ音楽祭」編、その2です。

前回の記事が、
あまりにも長くなりそうだったので、やむを得ず(?)、
動画の掲載を今回の記事に持ち越したわけですが、
そのせいで、ただでさえ少ない当ブログのリピーターが、
さらに減ってしまったんじゃないかとひそかに心配している、
実は小心者の音楽ブログ管理人です(笑)。

まぁ、そんなわけですので、
今日は、ケレンミなくとっとと行くことにしますぜ(笑)。

……Maurice Whiteモーリス・ホワイト)不在の E,W&F
その目でとくとお確かめ下さい……。

  ――E,W&F、「ビーニャ音楽祭ライブ」の模様を収録した動画。

12本一挙掲載です。


 → 続きを読む  



Earth, Wind & Fire(アース・ウィンド&ファイアー) - ビーニャ音楽祭ライブ.2008 - 



キーボード・イメージ



……何と言うのか、
ちょっとセコいような気もしますが、
好きなものを、後のお楽しみに取っておくことの多い(笑)、
――無節操な音楽好き、こと、音楽ブログ管理人です。

まぁ、このブログも、相変わらずのスロー更新ながら、
先頃ようやく100記事を越え、
これまでに様々なアーティストや、
その楽曲などを取り上げてきたわけですが、
実を言うと、
僕が、本当に大好きなアーティストについての記述は、
今のところ、まだ、そんなに多くはありません。

今まで書いてきたのは、どちらかと言えば、
――あくまでも、どちらかと言えば、ですが、

  ちょっぴり好きなアーティスト、の事とか、
  なんとなく気になるアーティスト、とか、
  昔はそんなに好きじゃなかったけど、
  今あらためて聴くとなかなか味わい深い曲の事とか、

そんなことの方が多かったような気がします。

もちろん、大好きなアーティストについて、
まったく書いていないわけではないんですが、
個人的にはまだまだ書き足りないし、
記事の割合からいっても、
まだそんなには、書けていないように思う……ような気がします……たぶん(笑)。

……好物を後回しにする、という、
そのセコい(?)思考パターンが、
ここでもまた出てしまっているようです(笑)。

しかしまぁ、
好きなものを先に食べてしまう人は成功しない(楽天ブックス)
などというタイトルの本もあるぐらいで(笑)、
……まぁいずれにせよ、
僕にとってのお楽しみは、

  ――まだまだこれから、

ということです(笑)。

……そういうわけで、
近頃の僕の心配事は、
こんな調子で、どんどん音楽の動画を紹介しつつ、、
記事を書き綴っていくと、
左サイドのカテゴリー、

  「音楽の動画」

が、めっちゃ伸びるんとちゃうん !?

――と、いうことになりつつあります(笑)。

もう既に、カテゴリー欄がだいぶ長くなっているというのに、
これは、そのうちにえらいことになりますなー(笑)。

いずれは、カテゴリー「音楽の動画」も、
もっと細分化していくつもりではいるんですが、
それだって、カテゴリー全体が、
だらだらと伸びていくことに変わりはありません。

……どなたか、良い知恵をお持ちの方は、
是非ご教授下さい(笑)。m(_ _)m


まぁ、それはともかく、

――先日、
mixi の「Earth,Wind & Fire/アース・ウィンド & ファイアー





――のコミュニティに、
こんな書き込みがありました。↓


 → 続きを読む  



大阪ブルーノート(現ビルボード・ライブ大阪) 3 - Cheryl Lynn(シェリル・リン) - 



ビルボードライブ大阪 BlueNote OSAKA



……ビルボードライブ大阪が、
まだ、BlueNote OSAKA大阪ブルーノート)だった頃、
大晦日のライブには、毎年行ってました。

――それも、予約の取りづらいカウントダウン・パーティではなく、
セカンド・ステージの、ニューイヤー・ギグ専門で。

夜中に遊ぶのが大好きなので(笑)、
昼のあいだに買い物や掃除を済ませ、
夜、ゆっくりと入浴した後に年越しそばなどをすすり、
ひと息ついてから、じゃあボチボチ行こか、ってな感じで、
いそいそと出掛けたもんです。

大晦日から元旦にかけては、終電や始発を気にしなくてもいいし、
まぁ夜中に遊ぶにはもってこいですね(笑)。

そうやって、AM2:30?3:00頃には終わるライブを堪能し、
そのまま初詣に行く……ことが出来れば良いんですが(笑)、

大抵は、ニューイヤー・ギグで後先考えずに、
全力を傾けて飲んだり踊ったりなどしてしまい、
抜け殻のようにフラフラになって、
放心状態、茫然自失、前後不覚というひどい有様で、
なんとか家に辿り着き、
翌日は、新年早々強度の二日酔い――、

というのが、お決まりのパターンでしたね(笑)。

数年前にツマと結婚してからというもの、
正月はツマの実家で過ごすのが恒例となったので、
 (まぁそれだって、たらふく飲んで、
  新年早々二日酔いになることに変わりはないんですが、笑)
長いことニューイヤー・ギグには行ってませんが、
また、あの興奮と感動(と、茫然自失感)を味わいたい、
ふとそんな風に思う新春なのでありました(笑)。


――というわけで今日は、
たぶんニューイヤー・ギグだったと思うんですが、ちょっと自信のない(笑)、

ですが、僕のブルーノートの記憶の中では、間違いなく5本の指に入る、
最高のパフォーマンスを見せてくれたこの人。
あまりにも楽しかったので、
Kool & the Gang/クール&ザ・ギャング と並び、
思わずもう一度ライブを観に行ってしまった、この人。

  “Cheryl Lynnシェリル・リン)”

――この人でいきましょう。


 → 続きを読む  



謹賀新年!- Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)/Isn't She Lovely - 

あれ?

暮れの挨拶もしてないというのに、
気が付けば、もう新年じゃないですか!?

――と、いうわけで、
今年の我が家の年賀状(笑)。
 (ツマブログと揃い踏み。コラボ企画です(笑)。)
              ↓
謹賀新年!


ねずみ年なので、
我が家のハムくん、大フューチャーです(笑)。
お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、
当ブログのプロフィール画像を加工して、
年賀状に仕立ててみました。


……さてさて。

といったところで、
それでは早速、新春一発めの曲をかけましょう。

今年のオープニングを飾るのは、
Stevie Wonderスティービー・ワンダー)1976年リリースの名盤、

  「Songs In The Key Of Life/ソングス・イン・ザ・キー・オブ・ライフ

        
        (楽天ブックス)

に収められた、
HAPPYで、心暖まるこのナンバー。↓


 → 続きを読む  



メロディ・メーカーとしてのPrince(プリンス) - Chaka Khan(チャカ・カーン) & Melisa Morgan(メリサ・モーガン) - 

前回も書きましたが、
Prince/プリンス の曲って、

   
   (楽天ブックス)

いろんな人が歌ってますね。

プロデュースもやってますしね。

例えば、

  「The Bangles/バングルス

      
      (楽天ブックス)
  「Manic Monday/マニック・マンデイ

とか、
あるいは、

  「Sinead O'connor/シンニード・オコナー

      
       (楽天HMV)
  「Nothing compares 2 U/ノッシング・コンペアズ・トゥ・ユー

なんかが有名ですね。

……しかし、
プリンスの提供楽曲で、
なんといっても有名なのはこの曲。

……SOUL DIVA(ソウル・ディーヴァ)の名を欲しい人なら、
知らぬ者の無い、
誰もが憧れ、
誰もが尊敬し、
時には、畏敬の念を持って崇拝さえされる、この人。

故ルーサー・ヴァンドロスをして、

  「世界で最も模倣された女性シンガーのひとり」

そう言わしめた、
ソウル・シンガーを目指す者なら誰もが真似をした事のある、
そして、誰もが彼女のように歌いたいと憧れるシンガー。

――まさに、
真のSOUL DIVA(ソウル・ディーヴァ)、
(昔は、“クイーン・オブ・ソウル”
  または “ソウル・クイーン” などと言ってましたね)
と呼ぶに相応しい、
この人の歌う、
この曲しかないでしょう。↓


 → 続きを読む  



ディスコソングの名曲 - Junior(ジュニア) & Con Funk Shun(コン・ファンク・シャン) - 

大体が、アッパーなダンスチューンって好きなんです。

ダイレクトに聴き手の体を駆動するような、
パワフルなサウンドとグルーヴ感。

問答無用で、気持ちいいですねー。

前回のACIDJAZZ(アシッドジャズ)も、
ダンスチューンの多いジャンルです。

しかし、ダンスナンバーの基本といえば、
やはりこれでしょー。



     (楽天ブックス↑)



……そうです。

――ディスコソング、ですね。

それも、所謂、ディスコクラシックと呼ばれるナンバー。

ここは是非とも押さえておかねばならぬ(笑)。

心地良いグルーブ感に、
適度な脳天気さ加減(笑)。

歌詞も、
歌の内容も、
頭の痛い深刻な問題も、
とりあえず脇に置いといて、
まずはどっぷりと音に浸り、
サウンドに身をゆだねて、
節操なく、
不謹慎に、
躍動するグルーブ感を楽しむ。

――と、いうわけで、まずこちら。↓


※参考リンク(YouTube)
Mama Used To Say/ママ・ユースド・トゥ・セイ」-「Junior/ジュニア
  (※注、各種動画は都合により、
        削除されている場合があります。ご了承下さい。)

        (※ ブログ内、“参考動画まとめ” はこちら。→ アーティスト別一覧


 → 続きを読む  



ACID JAZZ(アシッド・ジャズ)Ⅱ- Incognito(インコグニート) - 

前回の記事では、
The Brand New Heavies/ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ を取り上げました。

   
    (楽天HMV)

となると、当然、
この人たちも、取り上げない訳にはいきません。

――そんなわけで、
今回は、Incognito/インコグニート

   
   (楽天ブックス)

でいきましょう。


※参考リンク(YouTube)
Givin' it Up/ギヴィン・イット・アップ」-「Incognito/インコグニート
  (※注、各種動画は都合により、
        削除されている場合があります。ご了承下さい。)



――Incognito/インコグニート

フランス系イギリス人、
ジャン・ポール “ブルーイ” モーニック によって、
1981年に結成されたUKアシッド・ジャズ・バンド。

当初は、ACID JAZZ(アシッド・ジャズ)では無く、
JUZZ FUNK(ジャズ・ファンク)という言い方をしてました。

デヴュー作「JUZZ FUNK」の頃は、
まだ現在に至るACID JAZZ(アシッド・ジャズ)の
明確な音楽性が確立されておらず、
敢えて言うなら、

ファンキーなフュージョン

とでも呼ぶべきサウンドでした。

日本では、
スティービー・ワンダーの曲をカヴァーした、
Don't You Worry 'Bout a Thing」で、
一躍有名になりましたね。

ではもう一曲。↓


 → 続きを読む  



ACID JAZZ(アシッド・ジャズ)…そして、ヤバイ曲 - The Brand New Heavies(ザ・ブランニュー・ヘヴィーズ) - 

ACID JAZZ/アシッド・ジャズとか、
JAZZ FUNK/ジャズ・ファンク系のサウンドって、かなり好きです。

――前回の記事にも少しだけ登場した、
JP "ブルーイ" モーニック率いる、
Incognito/インコグニート

   
   (楽天ブックス)

そして、こちらも前回ちらっと取り上げた、
ジェイ・ケイこと
Jamiroquai/ジャミロクワイ

   
   (楽天ブックス)

Repercussions/リパーカッションズ に、

   
   (楽天ブックス)

Think Twice/シンク・トゥワイス

ジョイ・イズ・フリージョイ・イズ・フリー
Think Twice
(amazon)

商品詳細を見る

……その他、いろいろ。

そして、このジャンルを語るときに、
Incognito(インコグニート)や、
Jamiroquai(ジャミロクワイ)と並んで、
忘れてはならないもう一組。

今日、取り上げるのは、このバンド。

――The Brand New Heavies/ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ。↓

   
    (楽天HMV)


※参考リンク(YouTube)
Sometimes/サムタイムス」-「The Brand New Heavies/ザ・ブランニュー・ヘヴィーズ
  (※注、各種動画は、諸般の事情により、
        削除されている場合があります。ご了承下さい。)




 → 続きを読む  





 ・Cookie/クッキーについて(プライバシーポリシー)

 当ブログでは、クッキー(Cookie)またはウェブビーコン、と呼ばれる技術を使用しています。
 クッキーとは、Webサイト利用者の履歴などを、利用者側のコンピューターのブラウザ上にファイルとして保
 存する仕組みを指し、一般的には、Webサービスで、ログインを必要とするような、利用者ごとにカスタマイ
 ズされたページを提供する場合や、アクセス解析など、Webサイトの利用者数を計測する目的などで使用す
 る場合、または、掲載されたバナーやテキストリンク等の、第三者の配信による広告において、広告の配信
 事業者が、利用者のアクションをカウントする必要がある場合などに使用される技術であり、この技術を使
 用することにより、Webサイト、及び広告の配信事業者は利用者のコンピューターを識別することが可能に
 なります。また、Webサイトや広告配信事業者は、この技術を使用してサイトや広告の解析(当サイトや他サ
 イトへのアクセスに関する情報の解析など)を行うことで、より利便性の高い、ユーザーにマッチしたサービ
 スを提供することを可能にしています。
 加えて、この技術は現在のWeb業界において、現存する多くの一般的なWebサイトで標準的に採用されてい
 る技術であり、決して利用者個人のプライバシーを侵害するような性質のものではないということを、ここに
 明記しておきます。従って、この技術によって、利用者の住所、氏名、電話番号、メールアドレス、等の個人
 情報が特定されるようなことは一切ありません。
 尚、クッキーの受け入れの可否は、個々の利用者の選択により、ブラウザの設定を変更することでいつでも
 変更することが可能ですが、クッキーの使用を拒否する設定を選択した場合、当ブログ、またはそれ以外の
 一般的なWebサイトにおいて、一部の機能が適切に動作しなくなることがありますので、予めご了承下さい。
 ご利用のブラウザでクッキーを無効化する場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を
 確認した上で、適切な設定を行なって下さい。






        iStockPhoto
  
ALIENWARE 18 宇宙戦艦ヤマト2199 戦艦Tシャツ ホワイト
ALIENWARE X51 【プレミアムバンダイ限定】1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊 メ号作戦セット

              プレミアム バンダイ
デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune
クロックス オンラインショップ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。