音楽ダウンロード・CD ~曲探しの旅~ TOP 
  カテゴリー :音楽の旅



       

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万博公園、花見リベンジ(画像ギャラリー)。――そして何故か、京都慕情/ベンチャーズ。 


(遅ればせながら……↓。)


……思えば、去年の花見は、
前日から不吉な予兆に満ちていた……。



EXPO2011-万博花見-カラス
(2011、万博公園。旧 エキスポランド入り口 前にて。↑)



――まず、弁当(重箱)を包む、
適当な大きさの風呂敷が無かったので買いに出れば、
数時間費やして車であちこち移動し、
さんざん探しまわった挙句、
手頃なものはどこにも見当たらず。

どことなく敗色漂う重い足取りで家に帰り、
風呂、食事といった日常的な事を済ませれば早くも夜更け。

ひと息ついてから弁当を作り始め、
欲張っていろんなおかずを追加しているうちに夜はさらに更け、
作り終えてみれば、そろそろ丑三つ時になろうかという時間(笑)。

最終的に食うのは夫婦二人だというのに、
一体どんな弁当を作っていたのだ!

というご批判には、ごもっともです、と同意しつつ(笑)、

ともかく、疲れて眠りにつこうかと思っていると、
視界の隅に何やら黒光りする動くものが……(怖)。

――貴様っっ !!

このマンションに入居して以来の数年、
一度たりとも目撃したことはなかったのに、
まさかこのタイミングで出てくるとは、
いかにも悪鬼の尖兵と呼ぶに相応しい鬼畜の所業(笑)。

  おのれ悪魔よ!
  ついに我が7階にまでその悪しきテリトリーを拡げてきたか!
  神と御子と聖霊の御名において、ただちに立ち去れっ!

と、阿鼻叫喚の深夜のエクソシスト――。

苦闘の末、
なんとか戦いには勝利したものの、
こちらの被害も甚大で、
もはや、気力も体力も思考力もほぼゼロ、という凄惨な有様(笑)。

極度の疲労と眠気で抜け殻のように眠りにつき、
――さて翌日。

あの深夜の悪魔祓いの疲労感を残しつつ、
眠い目をこすりながらもなんとか起きだし、
しかし、日も変わったことだし、今日はなんとかなるだろうと、
ほんの少しヤサグレた気分で、
重い体を引きずるように身支度を済ませ、
ようやく車で万博へ向かえば、

向かいの道中、
突然、車のルーフのゴムが「バンッ !!」という激しい異音とともに剥がれ、
何事か?、と路肩に停車して確認していると、

  ――え? ここで !?

という、まさかの強烈な便意を伴った突如の腹痛(笑)。

  ――わかった ! すまんかった !!

と、得体のしれないナニモノカに謝りつつ(笑)、
なんとか土地勘のある南千里へ逃げ込み、公衆便所へと駆け込めば、
これがまぁ、前夜の黒い悪魔も逃げ出そうかという、凄絶な汚さ(笑)。

しかし緊急事態につき、文句も言えず取りあえず及び腰で用を足し、
ついでに車の屋根の緊急補修も済ませ、

  ――やれやれ。すこし遅れたけど、じゃあ行こうか?

などと努めて平静を装いつつ万博公園に向かえば、
次第に空は暗くなり、
到着して車を降りた頃には、
なんとなくポツポツと小さな雨粒が頬にあたるような(笑)――。

  ――しかし、ここに至るまでの労力と犠牲を考えれば、
  もはや引き返すことなど出来ぬ!
  なにしろあの壮絶な戦いを乗り越え、
  その上あろうことか(?)

  やや窮屈なありあわせの風呂敷で包んだ(!)

  二人分にしてはかなりボリュームのある(笑)
  豪華なお重の弁当まで持参しているのだ!


ツマとふたり、
半ば悲壮な決意で万博へ臨めば、
雨こそ強くはならないものの、
暗雲は垂れ込め、肌寒い風は強さを増し、
満開の桜の下、

満開の桜-2011、万博公園
(2011、万博公園。旧エキスポランド入り口ゲート付近。↑)


足元の桜の花びらは、寒風につむじを巻き、

千本桜景厳-2

千本桜景厳


さながら朽木白哉の千本桜景厳――。

といった感じの、美しくも恐ろしい光景(笑)。


しかし先程も申し述べたとおり、もはや我々は後へは退けぬ身――。

決然と顔を上げ、
入園料一人 ¥250也 を支払って万博公園(自然文化園・日本庭園)に入れば、
そこにはまるで、異世界に足を踏み入れたかのような光景が――。

――即ち。

今が真っ盛りと咲き乱れる満開の桜。

恋人たちや親子連れ、
家族や友人グループ、
会社の同僚や得体の知れない年齢不詳の酔客、など、
人々の楽しげな声……

――は、まったく聞こえず(笑)、

うすら寒い小雨がじわじわと強さを増す中、
カラスの淋しげな鳴き声だけが大きくこだまし、
広大な芝生の上では、
わずかにひと組ずつのカップルと親子が、
これ以上はない悲壮感を漂わせつつ、
雨にも負けず根性のバドミントン & フリスビー、的な光景――(笑)。

いったい何の苦行だ? などと思いつつ、
場所取りの必要など全くない、取り放題の場所を、
それでも一番眺めのいい場所を、
と貪欲に吟味しつつ歩いていると、
雨はいかにも陰湿な感じでじわりと攻勢を強め、
あろうことか園内には、落雷への注意を促すアナウンスまでもが……。

しかし何度も言うが、
我々がここに至るまでの道のりは、
それはそれは大変なものだったのである(笑)。

ここで日和るわけには断じてゆかぬ!

決意も新たに、
小雨をしのぐ格好のロケーションである、
枝ぶりの良い桜の木の下に適当なベンチを見つけ、
ひと気のない、寒々とした広大な芝生を眺めつつ弁当をひろげれば、
どこからともなくカラスたちが群れ集い、
我々の弁当に虎視眈々と狙いを定め、
次第にその包囲網をせばめてくる、という空恐ろしい状況に(笑)。


  ――おのれ黒き一族めら、去れっっ!!

などと脳内で強く念じるも、その想いはむなしく、

  ――あぁ。(ToT;)

  ――エリ、エリ、ラマ、サバクタニ。

  ――神よ、なぜ我を見捨て給うのか。

……マタイの福音書に記された、
世界一のベストセラーで有名な、
かのナザレの聖なる御子が復活を遂げるその少し前……。

そういったなんとも心細い状況に――(笑)。


じっとしているとボディーブローのように寒さがこたえる中、
かろうじて桜の枝で雨をしのぎつつ、
ようやく迎える本日のメインイベント。

前夜、丑三つ時に及ぶまで時を費やして作成した、
もはやノルマとさえいえる渾身の弁当を、
あまりの寒さにそそくさと短時間で、
しかし取り敢えずひと通りは食うのだ、と貪欲に食い散らかし(笑)、

ともかくこれで、取り敢えずノルマは消化した、
――と、ひと息ついて辺りを見わたせば、

この、桜が満開の季節に、
これが北摂近隣で桜の名所として名高い有料公園なのか?
と疑うほどのひと気の無さ(笑)。


……雨で薄く煙る芝生の緑。

桜の花の淡いピンク。

どんよりと垂れ込める灰色の雲――。

どことなく世紀末なコントラスト(それはそれで美しいのだが……)を背景に、
カラスの黒だけが異常に映える、という(笑)、寒々とした別世界――。


しかし、我々は前夜から多大な犠牲を払い、
強大な黒き悪魔の尖兵を退け、
ようやくここまで来たのだ!


――その想いが我々を更なる無謀な探索へと駆り立て、
撤退を知らぬ愚かな我々夫婦は、
あろうことか、広大な万博公園ダンジョン奥地にまで、
その足を踏み入れてしまったのである。

結果は推して知るべし――(笑)。

雨こそ上がったものの、
寒風吹きすさぶ、ひと気のない万博公園奥地。

これが4月の日中か !? と疑うような、
ガタガタと身体が震えだすほどに気温が低下する中、

らんらん♪ 春ピクニック♪ 的、
浮かれたお気楽軽装備の我々はあえなく遭難し、
下記写真の乗り物(=森のトレイン/3歳以上一人¥300-)が
偶然通りがからなければ、


森のトレイン


我が夫婦の命運は、この広大な万博公園跡地内日本庭園であえなく尽き、
今あなたが読んでいるこの記事は、
おそらく存在しなかっただろうと思われる、……かも知れない、たぶん(笑)


だが、考えてみれば、
見つからぬ風呂敷、巨大ゴキブリ、車のハプニング、突如の便意、
雨、カラス、落雷の危険、急激な気温低下……。

――と、これだけの不運に見舞われながらも、
なんとか無傷で生還出来たことは、
今となってみれば、まさに九死に一生と呼ぶに相応しい(笑)
奇跡的出来事だったのではあるまいか?

そのように考えられなくもない……
……などと思わぬでも、ない……ような、気も、……しないでも、ない(笑)。




広大な万博公園。↓





 → 続きを読む  



スポンサーサイト

バニー・バニ郎? ← ×、バリー・マニロウ ← ○ (笑) 


エッセンシャル・バリー・マニロウ
バリー・マニロウ
   キッド・クレオール&ココナッツ

BMG JAPAN (2005-12-21)
売り上げランキング: 118781



……ところで、
恥ずかしながら我が家では、
つい最近まで、BS放送を視聴することが出来ませんでした。


まぁ実際のところ、
BS放送については、それほど必要性を感じてなかったのですが、
今春になって状況が一変したんです。


そう。

――F1、です。


今期から、毎年楽しみにしている
地上波でのF1中継がなくなっていたのです。


調べてみると、
どうやら地上波での放送は打ち切り、
BS放送に移行したらしい。

――困りました(笑)。

これでは私の影響で、
今ではすっかりF1ファンになってしまい、
今期から復活の、
キミ・ライコネンの走りを楽しみにしている我が賢妻に
顔向けも、足向け(?)も出来ません(笑)。



いろいろと考えを巡らせているうちに、

あぁそうだ、
うちのマンションは確か、J-COMに加入してる筈だと気付き、
慌ててマンションの管理人に電話しました(笑)。


  「……夜分すみません。
    ちょっとお伺いしたいんですが、
    ……あの、うちのマンションでは、
    BS放送って、どうやって見るんですか?(^_^;A 」

  「――! え? ……あの、見れませんか?」

  「……えぇまぁ。そうみたいなんですが……」

  「え !? あの、地デジは見れてますか?」

  「えぇ、まぁ……地デジは見れてるんですが……」

  「おかしいですねぇ……。
    うち(のマンション)はJ-COMなので
    アンテナがなくても見れる筈なんですけど……」

  「はぁ、そうですか……」


などという若干噛みあわせの悪い会話の後(笑)、
いろいろと調べてみると、
どうやら我が家のアンテナケーブルの配線に
不備があるらしいと判明し、
慌ててアマゾンで分波器、分配器、ケーブルなど、計約¥2700を購入。

届いたものを繋いでみると、
実にあっさりとBS視聴環境が整ったのでありました(笑)。



まぁいざ見れるようになってみると、
こんな簡単なことでBSが見れなかったのかと、
ツマとふたり、浜村淳ふうに、

  持った湯呑みをばったと落とし、小膝叩いてにっこり笑――

――って喜んだ、のは良いのですが、

後になって考えると、
うちのマンションの管理人に、


  「――チッ! もう何年も住んでんのに、
    いまだにうちのマンションでBSが見れんとか、
    いったいどんだけ情弱なんだよ !!」


などと腹の底で罵られていなかったかが、
なんとなく気掛かりなところ(笑)。



――しかしまぁ、以上のような経緯があって、

当然のことながら嬉しがってツマとふたり、
いろいろとBS放送を視聴、録画したりなどして
遊んでいたのですが、

BSの、とある洋楽番組を見ていて、
ちょっと面白いことが発覚しました。


 → 続きを読む  



Geoffrey Gems(ジェフリー・ジェムズ)復活! 暴れん坊トーク再び 


     Kiss FM KOBE



以前の記事に追加した注釈にも書きましたが、

2010年春の、FM COCOLO の FM802 化、
とでも言うべき番組全面改編によって、
しばらく声を聴くことの出来なかったあの人――

Geoffrey Gems(ジェフリー・ジェムズ)さんが、
古巣の Kiss FM KOBE に戻ったようです。

管理人が復帰を知ったのは9月半ばのことで、
既にご存知の方も多いかもしれませんが、

10月1日に行なわれた Kiss-FM KOBE 20周年イベント、
「Kiss-FM KOBE 20th Anniversary Special Program」では、
ターザン山下さんとふたりで、メインサウンドクルーを務めておられました。

どうやら8月12日からの復帰だったようですね。


さて。その番組、

  「JTB旅物語プレゼンツ 神戸クルージングカフェ」

では、こんな曲がオンエアされています。


 → 続きを読む  



国宝の舞い - 興福寺阿修羅像、三面六臂の謎に迫る?- Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) 


 ・こんな出だしですが、たぶん音楽の話に着地する予定(笑)


9月になりましたが、相変わらず気分のいい夏空と、
いい感じの暑さ(笑)が続いてますね。

ところで、先月のことですが、夏真っ盛りの8月の半ばに、
例によってツマとふたり、ちょこっと奈良へ出掛けてきました。

以前に飛鳥には行ったので、今回は奈良公園周辺へ。

「平城遷都1300年祭」などというイベントについては、
ちょっぴり閉口するところもないではないんですが、
一般に関西で古都と言えば京都というイメージもあり、
奈良贔屓の管理人としては、
ここはひとつ、この俗っぽいイベントも、
渋々ながらも容認せざるを得ないところかもしれません。


夏空の東大寺大仏殿
夏空の東大寺大仏殿。




 ・関西人馴染みの名所


まぁ大阪生まれの管理人にとっては、
奈良のこの辺りは、子供の頃から随分と馴染みのある場所。

幼稚園や小学校の遠足で何度も来ていて、
若草山で弁当を食ったような記憶もあるような気もするし(笑)、
大仏殿の柱をくぐったことも、二度三度。(その効果の程はともかくとして)
 (↑ 賢く育つ、とか、無病息災、などと言われていますね。)

しかし山口県出身のツマは、
まだ奈良の大仏を見たことがないと言う。

     

これがもし大阪人であれば、

  「え !? おまえ奈良の大仏行ったことないん?」
  「……う、うん。」
  「奈良の大仏と言えば、
   二十歳(はたち)になったら梅田の洞(ほら)、
   ええとこだっせ、の京橋グランシャトー、
   美女の熱烈接待、キャバレー・ユニバースや、
   雨が降ってもサンサンサン、のキャバレー・サン、などと並ぶ、
   大阪人必須のスポットやぞ !!」

などと変に偏った感じで詰め寄られ、
どうかすると小一時間ほども説教される……、
などという貴重な体験をすることが出来るかもしれません(笑)。

但し管理人は、
大阪府下では比較的、かなり治安の良いとされる北摂の出身で、
淀川から南に住んだことはほぼ無い(大和川から南はちょっとだけあり)ので、
「梅田の洞」(現在はありません)、「京橋グランシャトー」はおろか、
前述の千日前付近のコアな “大人の社交場” など、
身近に盛り場を持たぬ地域で育った人間にとっては、
想像するだに恐ろしい犯罪者の巣窟。

……恐ろしくて一度も行ったことはありません(笑)。

まぁ管理人の場合、
10代半ばに北摂を離れた後、20代の相当長い期間、
当時の淀川のこっち側と向こう側、
手っ取り早く言えば、十三とそのさらに手前の場末と、せいぜいキタの辺り、
そこいらをテリトリーにのたくっていたので、
千日前などというコアな場所に行く必要がなかった、という事情もあります。

しかしそれにしても。

例えば通天閣、あるいはなんばグランド花月(=NGK)、
または、造幣局の桜の通り抜けや、その川向こうの「もしもしピエロ」、
新しいところでは「USJ」等、その他にもいろいろ、
自分の興味のない名所(?)については、

  ――まぁ、行こうと思えばいつでも行ける。

という近隣住民的理由を盾に、
いずれも一度も行ったことが無いので(たぶんこの先も行かないような気がする)
このへんはむしろ、管理人の好き嫌いの問題――、
そういった方が正しいのでしょうね、たぶん(笑)。

まぁ、(ここからわけあって少しトーンが変わるのですが)、
敢えて言うなら、その反対の人間――、
好き嫌いとこだわりを一切感じさせない人間より、
ほんの少し退屈しなくて済む。
それだけのことだ。

そしてもし、1980年代的理想郷、――そんなものがあるとすれば、
1980年代的理想郷的モノトーン的、ゴージャスで小洒落て空虚な墓碑的トロフィー、
そんなもののひとつでも、貰えたかもしれない。――すまん、すまん。

などと、随分ギクシャクした感じで(笑)、
初期の村上春樹風味に、

   
さらにむりやり椎名誠風味を加えて、

   
何となく呟いておこう(笑)。


――但し。
幾ら初期の村上春樹の登場人物が「やれやれ」を多用するからといって、
同じ「やれやれ」でも、
「だぜ」などと語尾を空条承太郎風味にしてはいけない。

何故なら、それをすると途端に荒木飛呂彦氏が憑依し、
ジョジョ立ちをして、
「オラオラ」だの「無駄無駄」だの「レロレロ」だの、
「容赦せん!」だの「もしかしてオラオラですかぁ」だの、
「Yes Yes Yes」だの「えらいねぇ」だの、
「ラァリホー!」だの「マギィーッ」だの、
「ウヒィー」だの「そして時は止まった」り、
ドッギューン、だの、ドッバァーン、だの、メギャン、だの、
ピシ、ガシ、グッグッ、だの、
ブヂュブヂュル、だの、ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ、だの、
波紋、だの、スタンド、だの、
メジャー洋楽アーティスト風の名前だの、と、
どうにもにぎやかなことになって、収拾がつかなくなるからだ。

そこで、僕はジョジョについての一切を捨てた。
――やれやれ。
なまねこなまねこ。

……話が意図的に――しかもとんでもなく――、
わかる人にしかわからないけれど、
実は結構多くの人がわかる方向に無理矢理それましたが(笑)、

――と、いうことで、ツマの大仏デビューを果たすべく、
平城遷都1300年祭の人ごみもなんのその、
聖武天皇や、阿倍内親王(孝謙天皇)の時代を身近に感じ取れるよう、
有難い廬舎那仏のご尊顔を拝しに行こう、となったわけです。

たぶん。

きっと、神道と、
その神道の中枢を担う尊い御方が護国の為重きをおかれた仏法、
その双方のご加護のおかげだと思いますが、
降水確率50%というのに異常な好天に恵まれ、

  「日焼けするぅ、焦げるぅ」

と、フェルナンド・アロンソがタイヤを温存して走るかの如く、
日蔭を選んで歩く “SPF 「30」 PA+++” ヅマを尻目に、

  「ふ、愚か者め。
   夏を楽しめないとは即ち、人生の4分の1を損しているのだ」

とか何とか思いながら(笑)、
水分補給した以上の水分を体内から搾り出し、半分脱水になりつつも、
夏大好き “SPF 「0」 PA none” の管理人は、
たっぷりと夏の陽射しを満喫してきた、というわけです(笑)。




 ・真夏の奈良


あんまり夏らしく、いい気持ちだったので、
当音楽ブログの趣旨からはちょっとはずれますが、どうせいつも脱線するので(笑)、
夏を愛する全ての方々に、
ほんの少し夏の陽射しをおすそわけすると、こんな感じ――。


東大寺南大門
大仏殿から望む、南大門――怖いぐらいの夏空。

真夏の陽射し/鹿も木蔭でひとやすみ
真夏の陽射しと、木蔭で休む鹿たち。

興福寺-東金堂、五重塔
興福寺-東金堂、五重塔。

興福寺五重塔-遠景
興福寺五重塔-遠景。


 → 続きを読む  



ジャズシンガー・石野見幸さんの生きた証 

今月――2007年11月8日、
関西在住のジャズ・ヴォーカリスト、
石野見幸(いしの みゆき、本名:美幸)さんが、
永眠の床に就かれました。

……今日は、ただ静かに、
多くの人を勇気付けた、
石野さんの凄絶な生き様と、その人となりを、
しっかりと心に刻み付けたいと思います……。


Jazz Singerジャズシンガー石野見幸さん」-「生の記録 1/7
            ↓(ユーチューブ動画、無料視聴)

(※注、掲載の動画は、動画サイトの都合により、
     予告なく削除されている場合があります。ご了承下さい。)



Jazz Singerジャズシンガー石野見幸さん」-「生の記録 2/7
            ↓(ユーチューブ動画、無料視聴)



 → 続きを読む  



iPod(アイポッド)の新ラインナップ !! 

Apple(アップル)が、iPodシリーズの新モデル――

  「iPod touch(アイポッド・タッチ)」
  「iPod nano(アイポッド・ナノ)」
  「iPod Classic(アイポッド・クラシック)」
  「iPod shuffle(アイポッド・シャッフル)」

の日本発売を発表しましたね。

そしてもちろん、
何といっても今回の目玉は、
「iPhone(アイフォン)」の外観に酷似した、
iPod touchアイポッド・タッチ)」の存在です。

iPod touchアイポッド・タッチ)」(Amazon)
      ↓

Apple iPod touch 64GB MC547J/A 【最新モデル】Apple iPod touch 64GB MC547J/A 【最新モデル】
商品詳細を見る


シックですね。
シンプル極まりないデザインなのに、
他社の製品とは明らかに一線を画す、
異彩を放つ先進的な外観。
まさに COOL !! の一言です。

もちろん、優れてるのはデザインだけじゃありません。
特筆すべきはその操作性。
なんというのか、
こういうのを未来を予感させる操作性って言うんでしょうか?

面白い動きをするんですよー。↓


 → 続きを読む  



FUSION(フュージョン) 

今日も蒸し暑い一日でしたね。

梅雨独特の、
肌にまとわりつくようなじめじめとした暑さには、
毎年閉口します。

しかし、これを過ぎれば、
また、あの強い夏の日差しが帰ってきます。

大好きな季節なので、
なんとなく、心躍る今日この頃です。

そして、毎年、夏が近づいてくると、
何故か必ず聴きたくなるサウンド。

――それがフュージョンです。



     (楽天ブックス↑)



……古くは、Crossover/クロスオーバー と呼ばれ、
最近では Smooth Jazz/スムースジャズ や、
Contemporary Jazz/コンテンポラリージャズ などと
呼ぶこともあるこのジャンル。

このジャンルの原型を創ったのは、
常に刺激的で新しいものを求め続け、
生ける伝説(Living Legend/リビング・レジェンド)とさえ呼ばれたジャズ界の巨人。
――トランペット奏者の「マイルス・デイヴィス」。
というのが、定説のようですね。

もともと、この手のサウンドはわりと好きで、
結構一年中聴いてはいるんですが、
どういうわけか、
暑い日が増えてくると、
特に聴きたくなりますね。

……若い頃によく流行っていて、
刷り込まれたせいかもしれません。


 → 続きを読む  



音楽環境を快適にする、パソコン掃除 

PCメンテナンス?

そんなのやってるよ!
キホンでしょ、基本。

――そう思ったあなた。

違います。
……掃除です(笑)。



――メンテナンスなら、
僕も定期的に行っています。

……ウィルスチェックに、デフラグ。
ディスククリーンアップに、チェックディスク……。

たくさんの、音楽や動画ファイルがパソコン上にあるので、
これぐらいはやっとかないと、やはり不安です。
たとえバックアップをとってあったとしても、
やっぱり、トラブルは避けたいですから……。


     (楽天ブックス↑)


――で、今回はそういったメンテナンスではなく、
本当の、掃除です。


 → 続きを読む  



FM 

前回、音断ちについて書きましたが、
わけあって、否応なく
FM断ち」をしていました。

全面的に音を断っていたのではありません。
FMだけの、限定断音です。

するとどうなったか?

  ――他人の選曲に餓えるんです(笑)。

自分の音楽ライブラリにはない曲、
他者の、自分には思いもよらない意表をつく曲のチョイス。

そういったものが恋しくなります。

で、まぁ我慢の限界に達したので、今日解禁にしました(笑)。

おもむろにスイッチをいれると……


 → 続きを読む  



音楽的生活 

いつも聴いている音楽に飽きてきて、
何か違った曲を聴きたくなって、
BGMなどの選曲に困ることって、ありませんか?

  ――僕はあります。


iTunesアイチューンズ)」の
マイレート4以上の曲が2210曲。

マイレート5が771曲。

HEAVY ROTATIONヘヴィ・ローテーション)”
 (=スマートプレイリストで再生回数6回以上を設定)が559曲。

HYPER HEAVY ROTATIONハイパー・ヘヴィ・ローテーション)”
 (=再生回数15回以上)が100曲。

これらは決して少ない曲数じゃないと思うんですが、
それでも飽きるんです。


 → 続きを読む  





 ・Cookie/クッキーについて(プライバシーポリシー)

 当ブログでは、クッキー(Cookie)またはウェブビーコン、と呼ばれる技術を使用しています。
 クッキーとは、Webサイト利用者の履歴などを、利用者側のコンピューターのブラウザ上にファイルとして保
 存する仕組みを指し、一般的には、Webサービスで、ログインを必要とするような、利用者ごとにカスタマイ
 ズされたページを提供する場合や、アクセス解析など、Webサイトの利用者数を計測する目的などで使用す
 る場合、または、掲載されたバナーやテキストリンク等の、第三者の配信による広告において、広告の配信
 事業者が、利用者のアクションをカウントする必要がある場合などに使用される技術であり、この技術を使
 用することにより、Webサイト、及び広告の配信事業者は利用者のコンピューターを識別することが可能に
 なります。また、Webサイトや広告配信事業者は、この技術を使用してサイトや広告の解析(当サイトや他サ
 イトへのアクセスに関する情報の解析など)を行うことで、より利便性の高い、ユーザーにマッチしたサービ
 スを提供することを可能にしています。
 加えて、この技術は現在のWeb業界において、現存する多くの一般的なWebサイトで標準的に採用されてい
 る技術であり、決して利用者個人のプライバシーを侵害するような性質のものではないということを、ここに
 明記しておきます。従って、この技術によって、利用者の住所、氏名、電話番号、メールアドレス、等の個人
 情報が特定されるようなことは一切ありません。
 尚、クッキーの受け入れの可否は、個々の利用者の選択により、ブラウザの設定を変更することでいつでも
 変更することが可能ですが、クッキーの使用を拒否する設定を選択した場合、当ブログ、またはそれ以外の
 一般的なWebサイトにおいて、一部の機能が適切に動作しなくなることがありますので、予めご了承下さい。
 ご利用のブラウザでクッキーを無効化する場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を
 確認した上で、適切な設定を行なって下さい。






        iStockPhoto
  
ALIENWARE 18 宇宙戦艦ヤマト2199 戦艦Tシャツ ホワイト
ALIENWARE X51 【プレミアムバンダイ限定】1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊 メ号作戦セット

              プレミアム バンダイ
デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune
クロックス オンラインショップ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。