音楽ダウンロード・CD ~曲探しの旅~ TOP    スポンサー広告
  スポンサーサイト  クラブ・ハウス・Dance
  Fantastic Plastic Machine(ファンタスティック・プラスティック・マシーン/FPM)



       

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fantastic Plastic Machine(ファンタスティック・プラスティック・マシーン/FPM) 



 ・ハウスミュージックシーン


“クラブ/ハウス”ミュージックシーンというもの……。

  
     (楽天ブックス)


正直、そんなに詳しいわけではないんですが、
しかしこの周辺の人たちには、
才能溢れる逸材が実に数多く存在していて、
いわゆる日本の、

  クラブ(ハウス)系サウンドクリエイター、

あるいは、

  ハウス(クラブ)系DJ、

と呼ばれる人達の動向からは、
目が(耳が?)離せません。


  


     (楽天ブックス↑)



まぁ、音楽に関しては、
ひとつのジャンルをそんなに深追いせず、

  「雑食性手当たり次第に何でも耳で拾うスタイル」
   (行き当たりばったり、とも言う、笑)

あるいは、

  「快楽に身を委ねる、気持ちよかったら何でもええねん的耽美主義」

とでもいうべき、実に懐の深い(笑)、
首尾一貫しない堕落したスタイルを一貫して貫いているので(ややこしいな、笑)、
クラブ、ハウス、ラウンジなど、
素人にはなかなかに手強いと思われるディープな部分については、
さして知識があるわけでは無いんですが、
それでも何気にFMなどを聴いていて、

  「お!これ、ええやん♪」

などと思って確認してみると、
例えば、野崎良太率いる、Jazztronik/ジャズトロニック だったり、

   
 (楽天ブックス、以下同)

大沢伸一率いる、MONDO GROSSO/モンド・グロッソ、だったり、

   

あるいは、DJ Kawasaki などといった、

   

クラブ/ハウス系の人達だったりすることが結構多いので、
そこいら辺の動向には
時折り密かにチェックを入れていたりします(笑)。

私見を言わせてもらうなら、
これらの人達に共通するのは、
おそらくかなりのダンス・チューンを聴いてきたんだろうな、と思わせる、
ダンス・ミュージックに対する豊富な知識と優れた音楽センス。
そして、ダンス・ミュージックの先端に身を置くことによって、
同業他者との交流や競合、
といった環境の中で日々自ずと培われる、
ダンス・ミュージックの新たな可能性を模索する貪欲な意欲と、
それを可能にする確かな音楽的素養と鋭敏な感性。
――こういった所に、
ダンス・ミュージック全体の中での、
彼らのアドバンテージがあるように感じられます。

クラブ(ハウス)・サウンドというと、
どうしても打ち込みやサンプリング系のサウンドが主体で、
ひとつの曲に何通りもの難解なMIXやReMIXヴァージョンが存在していたりして、
なかにはちょっと……、
と抵抗のある人もいるかもしれませんが、
貧相で、ラフな一本調子の生音――
アコースティックという意味ではなく、人間が楽器を演奏している、という意味で、
――を聴かされるぐらいなら、
緻密に計算され、
しっかりと創り込まれた打ち込みのサウンドの方が心地良い、
そう思う人も決して少なくはない筈です。

もっとも僕のように、
YMO をリスペクトするような人間が、

   
打ち込みを否定する筈もありませんがね……(笑)。


……さて。

というわけで、今日はこの人達で行きましょう。



 ・Fantastic Plastic Machine/ファンタスティック・プラスティック・マシーン


――まぁとにかく、これを聴いてみて下さいな。


※参考リンク(YouTube)
City Lights/シティ・ライツ」-「Fantastic Plastic Machine/ファンタスティック・プラスティック・マシーン
  (※注、各種動画は都合により、
        削除されている場合があります。ご了承下さい。)

     (※ 各種参考動画は、こちらにまとめてあります。→ アーティスト別一覧


  Fantastic Plastic Machine - contact - City Lights
   (↑ iTunes ですぐにダウンロードしたい方は、こちらからどうぞ。
      ※ クリックで iTunes が起動します。)




いやー、この曲には、完全にやられました(笑)。

チッ-チッ-チッ-チッ、
と緊張感の高いリズムを刻むイントロ。
それに続く、
複雑なメロディで絶妙な転調を繰り返す、
張りのあるSAXの音色――。

一度聴いたら忘れようもないインパクトと、
グルーヴ感溢れるオープニングで、
僕にとっては、まさにツボにハマる、
心を鷲掴みにされるような完璧な出だし――。

……もちろん、
その後に続くヴォーカルのパートも決してダレることなく、
仄かに 村松 健Night Flight などにも似た、
懐かしいメロウ系Fusion の香りなども漂わせつつ、
絶妙のテンションとグルーブ感を持続したままブリッジを迎え、
再び、この曲の第2(第1?)のサビとも言える、印象的でグルーヴィなSAXの音色、
そしてエンディングへとなだれ込みます。

――ご存知の方には今更でしょうが、
知らない方のために書いておくと
この、Fantastic Plastic Machine/ファンタスティック・プラスティック・マシーン というのは、
クラブ/ハウスシーンを拠点に、
サウンド・コンポーザー、アレンジャー、プロデューサー、DJなど、
様々な方面で多彩な活躍をみせる、
京都府出身のアーティスト/サウンド・クリエイター、
田中知之氏の、
1994年結成、1997年デビューのプロジェクト(現在はソロプロジェクト、)名で、
この、あまりにもゴキゲン過ぎる曲、
City Lights/シティ・ライツ」は、
そんな彼の2001年のリミックスアルバム、
CONTACT/コンタクト」↓

   
    Fantastic Plastic Machine/Contact
 (※ HMVのサイトで、収録曲や、詳細なCDレビューの確認のほか、
    試聴やCDの購入などが行なえます。)


   ※ Amazon 詳細ページはこちら。Fantastic Plastic Machine/Contact(試聴可)
   ※ Fantastic Plastic Machine/Contact 楽天最安値店はこちら。

のオープニングを飾る、
一度聴いたら忘れられない印象的な一曲で、
よく晴れた天気のいい日に、
こんな曲を聴きながらドライブしたら気持ちいいだろうな――、
思わずそんなことを考えてしまうような、
雨の日には罪つくりとさえ言える名曲です。




 ・大ネタ


――さてさて。

といったところで、
続いては、DJとしての田中知之氏(=FPM)が、
様々なアーティストの曲をつないだノンストップ・ミックスCD、

 「Sound Concierge #402 Four Kicks Adventure

Sound Concierge #402 Sound Concierge #402
"Four Kicks Adventure"
for your virtual dancefloor

Fantastic Plastic Machine
Joe Montana
( amazon、試聴可)

商品詳細を見る


から3曲。

  「The Hell Of A Guy」-「Sébastien Léger
  「Luv Insite」-「Gant Garrard
  「Another Day(Max Heaven Mix)」-「Redlite

原盤通り、メドレーでどうぞ。

The Hell Of A Guy」-「Luv Insite」-「Another Day
 (残念ながら、現在は試聴出来ません。)

まずは一曲目。
軽快で、やや狂騒的なカッティングギターの音色も鮮やかな、
Sébastien LégerThe Hell Of A Guy

ギターのリフが、ややうるさく感じられた方もいるかもしれませんが、
ギターのリフに限らず、
こういう単調なパターンの音を、
執拗に繰り返すサウンドというのは、
実際にフロアで踊りながら聴いていると、
実はボディブローのように、
案外着実に効いてくるものです。

その上に、
さらにアルコールなどが加われば、
その効果はより一層で、
実際に合法、脱法、非合法。
アッパー、ダウナー、ケミカル、ナチュラル。
咳止めにネムリ薬。キノコにサボテン、バナナの皮。
とうもろこしのヒゲに、よくはわかりませんが何かの草とか(笑)、
果ては馬糞、といったものまで(笑)――。

あるいはまた、飲む、打つ、吸う、いや舌下だ、いやいや座薬だ、とか、
インドだ、オランダだ、何をおっしゃるやはり南米でしょう、などと、
普段あまり聞くことのない単語の出現頻度が、
他の場所――例えば美術館とか動物園とかに比べて(笑)――やけに多いことや、
子供が見たら、

  「ねぇ。あのお姉ちゃん(お兄ちゃん)どうしたの?」

と訊かれそうな、
恍惚とした陶酔の表情――ある者は苦しそうに、
ある者は薄ら笑いを浮かべて――、
躰をクネクネと揺らし、髪を振り乱し、手足をじたばたさせ、
――冷静に考えれば、狂乱、と形容するのが妥当と思われる――、
ある種、子供の目を覆いたくなるような有様(笑)を思うと、
ドラッグ・カルチャーとダンスミュージック、
さらには、儀式としての祭祀、などというものの関係を、
あらためて考えてみたりなどしてみたくなりますね(笑)。

……まぁあの。

なんというか。

――呪文や、打楽器などによる単調な音階を執拗に繰り返し、
時に薬草を服用したり、
あるいはリラクゼーション効果や、何らかの薬理効果を持つ香を焚き、
燃え盛る炎をじっと見つめて神がこうべに宿るのを待つ――。
そんな、太古の昔より、シャーマン達が呪術的な儀式に使用した、
人間がある種のトランス状態に入るための知恵と手法が、
ダンスフロアを陶酔の渦に巻き込むために、
こういったところで応用されている――。
そういうことかもしれませんね……(笑)。

――さて。
続く2曲目。

こいつがまた、たまりません(笑)。

いわゆる大ネタ。
大御所、Earth, Wind & Fireアース・ウィンド & ファイアー)の、
1981年の大ヒットアルバム、
Raise!(邦題:天空の女神)」

  
Earth Wind And Fire/Raise: 天空の女神 (Rmt)
(※ HMVのサイトで、収録曲や、詳細なCDレビューの確認のほか、
   試聴やCDの購入などが行なえます。)


    ※ Amazon 詳細ページ。Earth Wind & Fire/Raise(試聴可)
    ※ E,W&F/天空の女神 の楽天最安値店はこちら。

から通好みの一曲、「Evolution Orange」を大胆にサンプリングした、
Gant GarrardLuv Insite

エヴォリューション・オレンジという曲の、
グルーヴィでダンサブルな部分を実に上手く抽出した、
僕のようなアース好きとっては、反則すれすれの荒技。
髪の毛が逆立つような鳥肌もんの一曲で、
原曲の良さをあらためて再認識させられる、
じっとしていることの不可能な、
極上の仕上がりと言わねばなりません。

そして3曲目。
こちらもギターの音色が印象的な、爽やかなイメージの一曲。
どことなく壮大なスケールを感じさせる約3分程の小品。
RedliteAnother Day(Max Heaven Mix)。

……まぁちょっと考えてみて下さい。

仮にフロアにいたとして、
この3曲の、怒涛のような大きなうねりのなかで、
あなた、じっとしてられますか?

――わたしゃ、出来ません(笑)。

こういうものをさらっと繋ぐ、
Fantastic Plastic Machine/ファンタスティック・プラスティック・マシーン
田中知之氏のセンスと手腕には、
ただただ感心するばかりです……(笑)。




 ・ジャンルというもの


――ところで、ワタクシ。
前述の如く、
ここいら辺の業界――クラブ/ハウス系のミュージックシーン――に関しては、
さして詳しいわけではないので、
正直に申し上げて、

  Sébastien Léger
  Gant Garrard
  Redlite

この御三方については、
まったく知りませんでした。m(_ _)m

三者とも、DJ・アーティストとして、
活躍されていらっしゃるようで、
彼らのサウンドは、
フレンチ・シカゴハウス、などと呼ばれることが多いようですね。

……まぁ、なんというのか。

僕みたいに、そもそもシカゴハウス、なるものが、
どういうものかよくわかっていないような、
分類の苦手な人間にとっては、
音楽のジャンルというのは、
日々恐るべき速さで多様化し、
目覚ましく進化を遂げているようで、
まだジャンル分けがシンプルだった昔が、
ほんのちょっぴり懐かしく思えてしまう、
そんな今日この頃ではあります……(笑)。




★ 今回の記事が、面白かった、参考になった、いい暇つぶしになった、
  少しでもそう思われた方は、――どれかひとつで結構です。
  お手数ですが、下記バナーをクリックしてやって下さい。
  ……あなたの心優しきクリックが、更新の励みになります。m(_ _)m


   人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
    にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



  【クラブ・ハウス・エレクトロニカ系】 関連項目
     便利になった店頭在庫検索-TSUTAYA…DE DE MOUSE/デデマウス

  【E,W&F / アース・ウィンド & ファイアー」 関連項目
     Earth, Wind & Fire(アース・ウィンド&ファイアー) - ビーニャ音楽祭ライブ.2008 -
     Earth, Wind & Fire(アース・ウィンド&ファイアー) - ビーニャ音楽祭ライブ.2008 - その2 -







       

 【音楽ダウンロードCD ~曲探しの旅~】 管理人より、ひと言。
   当ブログでは、重度の音楽好きの視点から、ゴキゲンな音楽の紹介はもちろん、
   それ以外にも、いわゆるただの音楽レビューブログではない、
   曲探しや、歌詞検索に役立つ音楽関連サイトの情報や、それらサイトの使い方、登録方法、
   あるいは、音楽に関係するお役立ちツールの情報など、
   皆さんのミュージック・ライフに役立つ情報や裏技などを、随時お届けしていく予定です。
   ……今日、このブログに来て下さったのも何かのご縁。
   一期一会の出逢いに感謝を捧げるとともに、
   またの訪問を心よりお待ちしております。m(_ _)m


各種ブックマーク、ツイッターなどのご利用はこちら。 → 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://musicdownload1.blog93.fc2.com/tb.php/120-dedd31b8



 ・Cookie/クッキーについて(プライバシーポリシー)

 当ブログでは、クッキー(Cookie)またはウェブビーコン、と呼ばれる技術を使用しています。
 クッキーとは、Webサイト利用者の履歴などを、利用者側のコンピューターのブラウザ上にファイルとして保
 存する仕組みを指し、一般的には、Webサービスで、ログインを必要とするような、利用者ごとにカスタマイ
 ズされたページを提供する場合や、アクセス解析など、Webサイトの利用者数を計測する目的などで使用す
 る場合、または、掲載されたバナーやテキストリンク等の、第三者の配信による広告において、広告の配信
 事業者が、利用者のアクションをカウントする必要がある場合などに使用される技術であり、この技術を使
 用することにより、Webサイト、及び広告の配信事業者は利用者のコンピューターを識別することが可能に
 なります。また、Webサイトや広告配信事業者は、この技術を使用してサイトや広告の解析(当サイトや他サ
 イトへのアクセスに関する情報の解析など)を行うことで、より利便性の高い、ユーザーにマッチしたサービ
 スを提供することを可能にしています。
 加えて、この技術は現在のWeb業界において、現存する多くの一般的なWebサイトで標準的に採用されてい
 る技術であり、決して利用者個人のプライバシーを侵害するような性質のものではないということを、ここに
 明記しておきます。従って、この技術によって、利用者の住所、氏名、電話番号、メールアドレス、等の個人
 情報が特定されるようなことは一切ありません。
 尚、クッキーの受け入れの可否は、個々の利用者の選択により、ブラウザの設定を変更することでいつでも
 変更することが可能ですが、クッキーの使用を拒否する設定を選択した場合、当ブログ、またはそれ以外の
 一般的なWebサイトにおいて、一部の機能が適切に動作しなくなることがありますので、予めご了承下さい。
 ご利用のブラウザでクッキーを無効化する場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を
 確認した上で、適切な設定を行なって下さい。






        iStockPhoto
  
ALIENWARE 18 宇宙戦艦ヤマト2199 戦艦Tシャツ ホワイト
ALIENWARE X51 【プレミアムバンダイ限定】1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊 メ号作戦セット

              プレミアム バンダイ
デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune
クロックス オンラインショップ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。