音楽ダウンロード・CD ~曲探しの旅~ TOP    スポンサー広告
  スポンサーサイト  アナログ音源をデジタル化
  アナログ音源をPC(パソコン)にバックアップ



       

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログ音源をPC(パソコン)にバックアップ 


カセット



誰だって始めはみんなただの音楽好き。

手当たり次第に音楽を聴きまくって満足しています。

――が、そうやって様々な音楽を聴いているうちに、
だんだんと耳が肥え、
自分好みのサウンドに気付き、
自分のテイストにあった曲を選別して聴き始めるようになります。

……ただの音楽好きは、次第にその度合いを深め、
もはや手当たり次第に音楽を聴くだけでは満足出来なくなり、
だんだんと新たな自分好みのサウンドを求めて徘徊するようになります。

やがて、音楽抜きでは人生を語れなくなり、
自分好みのサウンドを求めて、
現在・過去にこだわらず、
ジャンルも時制も無視し、
曲探しに苦労するようになった頃――。

彼(彼女)は、
立派なミュージックジャンキーへと変貌をとげていることでしょう。

これが、このブログの出発点です。

しかし、CDや、ダウンロード可能な音楽ファイルなど、
デジタル音源を探すだけが、
能じゃありません。

例えば、
過去に録りためてあったカセットテープや、
昔買ったLPレコード。

ありませんか?

――昔よく聴いていた曲。
擦り切れるほど聴いた、愛着のある懐かしい曲。

今となっては、
新たにデジタル音源を入手することが困難だと思われる、
そんな曲たち。

そんなにメジャーヒットしたわけでもないので、
復刻盤も出そうにないし、
そのアーティストの代表曲といったわけでもなく、
シングルカットもされてない曲なので、
ベストアルバムや、
オムニバスアルバムにも収録されそうも無い。

……でも、聴きたい。

仕方なく対応のオーディオやコンポで聴いてはいるけど、
出来ればiPodアイポッド)などの
携帯プレイヤーでいつも持ち運びたいし、
iTunesアイチューンズ)などのソフトで一括管理したい。

――そうですね。

そんな時は、
アナログ音源を、パソコンに取り込んでしまいましょう。

アナログ音源をPC(パソコン)に取り込んで、
デジタル音楽ファイルに変換するには、
様々な機器やソフトや手法があり、
PCノイズの問題など、
音質にこだわって考えると、
結構複雑で面倒なことになります。

でもとりあえず必要なのは、
サウンドを編集、加工するためのソフト。

これが無くては始まりません。

こんなの。
  ↓
Sound it!


音声を抽出したり、
曲ごとに分割したり、
ノイズを低減する加工をしたり……。
まぁ、音楽版Photoshop(フォトショップ)といった感じですね。

僕の場合、
「Sound it!(サウンド・イット!)」
という有料ソフトを使ってるんですが、
これはまぁ、べつに何でも構いません。
いろいろ調べて、
一番良さそうなのをチョイスして下さい。
(……USBオーディオプロセッサーという機器がありまして、
 これを購入すると付属で編集ソフトもついてきます。
 これの良いところは、USBポートに接続する方が、
 PCの"LINE IN"や"MIC IN"に直接つなぐよりも、
 PC内部のノイズを拾いにくい、
 ということらしいですね。)

以下必要なものを列記すると、

  ・アナログ音源。(当たり前ですね)
  ・それを再生する機器。
  ・その機器とPCをつなぐケーブル。
  ・音声編集ソフト、
   もしくは、それの付属したUSBオーディオプロセッサー。

そんぐらいです(笑)。

これだけあれば、
とりあえずアナログ音源を救済して、
それ以上劣化することの無い、
デジタル音源として保存することが出来ます。

懐かしい音源を救済したい方は、
是非チャレンジしてみて下さい。

あ。
書き忘れてましたが、
あとひとつ、
必要不可欠なものがありました。

それは、
  「良い耳」
です。

フォトショップなんかでも同じ事ですが、
結局のところ、
いくら優秀なツールを持っていたとしても、
それを使うのはアナログ極まりない人間です。

優れた道具を、生かすも殺すも、
それを使う人間の腕次第。

「良い耳」が無ければ、
ノイズを低減しようとするあまりに、
必要な高音部まで削ってしまったり、
エフェクトをかけ過ぎて、音を歪ませてしまったりします。

したがって、この部分をクリアしなければ、

  「あのツールがいい、このツールがいい、
   ――いや、それよりもこっちの方が……。」

などというのは、
あまり意味の無い議論になります。

あまりにも高機能なツールは、
使い手を選びます。
それなりに技術も要求されます。

使いこなせなければ、
どんな優秀な道具も、宝の持ち腐れですね。

――音声編集というのは、
けっこう努力と忍耐を要求される、
なかなか手強く、面倒な作業です。

クオリティを追い求めようとすると、
最低限の良い耳と、
なにより、相当音楽が好きで、
面倒な作業を続ける根気を持続出来なければ、
なかなか思うような、満足のいく音を作り出せません。

自分の求める音質と、
セーブし得る最良のサウンドとの、
どこいらへんで折り合いをつけるか?
この辺が、難しいところです。

……しかしまぁ、
ここで終わってしまっては、
あまりにも身も蓋もありませんね。

そこでひとつだけ、
音声編集ソフトを選ぶ時のポイントを書いておきましょう。

それは――

  "そのソフトで扱える音楽ファイル形式拡張子)は何か?”

という点です。

そのソフトで扱える音楽ファイル形式拡張子)。
これは、可能な限り多くの形式を扱えるものを選んで下さい。

ここを押さえておけば、
仮に、そのソフトを使いこなせなくても、
  「拡張子音楽ファイル形式変換ソフト
として使うことが出来ますね。

例えば、AACファイルを取り込んで、
Mp3WAVに変換して保存するとか、
専用再生ソフトの必要な、
ATRAC3OMAのファイルを開いて、
より一般的なファイル形式拡張子)に変換して保存するとか、
そういったことが可能になります。

いろいろなダウンロードサイトから音楽をダウンロードする人は、
これだけでも結構有用なツールとして使える筈です。

但し、ダウンロードした音源のファイル形式を、むやみに変換することは、
法律に抵触するかもしれぬ問題を孕んでおり、
慎重な考慮を必要とされますので、
その点をご注意の上、あくまでも個人で楽しむことを前提の上、
自己責任においてご判断下さい。

そしてもちろん、
アナログ音源もデジタル音源に変換して、
パソコンに保存、救済して下さい。

……音声編集ソフト。

音楽好きの度合いと、
使い方によっては、
なかなかに有用なソフトです……。

ところで、
我が家の賢妻は、
この、アナログ音源をPCに取り込む話をすると、
いつも必ず、

  「でじたる・りますたー音源なんっっ!?」

と、なんか嬉しそうに言います(笑)。

まぁ、そう言われれば確かに、
家庭内デジタル・リマスター音源ですが……。

おそらく、好きなんでしょうね。――語感が。

深夜の、ローカルTV局で、
5枚組とか、6枚組のオムニバスCDの通販、ありますね?
「懐かしのディスコミュージック」とか……。

僕も結構好きで、よく見るんですが、
あれの影響です。

たぶん(笑)……。



     (楽天ブックス↑)


★ 今回の記事が、面白かった、参考になった、いい暇つぶしになった、
  少しでもそう思われた方は、――どれかひとつで結構です。
  お手数ですが、下記バナーをクリックしてやって下さい。
  ……あなたの心優しきクリックが、更新の励みになります。m(_ _)m


   人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
    にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ



  【音楽ファイル形式(拡張子)】 関連項目
     「ファイル形式(拡張子)」の罠
     互換性について(裏技アリ)
     AACからMp3へ……(簡単な裏技)
     メジャーフリーソフトでDRMのかかった、拡張子(ファイル形式)の異なる曲を一括管理
     CDをパソコンに取り込む際に、曲名などCD情報が取得できない場合の対処法
     着うたを作成する。(au、着信音に設定可)- 画像解説付

  【アナログ音源をデジタルに変換】 関連項目
     アナログ音源をiPod(アイポッド)へ - 「デジ造 音楽版」







       

 【音楽ダウンロードCD ~曲探しの旅~】 管理人より、ひと言。
   当ブログでは、重度の音楽好きの視点から、ゴキゲンな音楽の紹介はもちろん、
   それ以外にも、いわゆるただの音楽レビューブログではない、
   曲探しや、歌詞検索に役立つ音楽関連サイトの情報や、それらサイトの使い方、登録方法、
   あるいは、音楽に関係するお役立ちツールの情報など、
   皆さんのミュージック・ライフに役立つ情報や裏技などを、随時お届けしていく予定です。
   ……今日、このブログに来て下さったのも何かのご縁。
   一期一会の出逢いに感謝を捧げるとともに、
   またの訪問を心よりお待ちしております。m(_ _)m


各種ブックマーク、ツイッターなどのご利用はこちら。 → 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://musicdownload1.blog93.fc2.com/tb.php/55-51523381



 ・Cookie/クッキーについて(プライバシーポリシー)

 当ブログでは、クッキー(Cookie)またはウェブビーコン、と呼ばれる技術を使用しています。
 クッキーとは、Webサイト利用者の履歴などを、利用者側のコンピューターのブラウザ上にファイルとして保
 存する仕組みを指し、一般的には、Webサービスで、ログインを必要とするような、利用者ごとにカスタマイ
 ズされたページを提供する場合や、アクセス解析など、Webサイトの利用者数を計測する目的などで使用す
 る場合、または、掲載されたバナーやテキストリンク等の、第三者の配信による広告において、広告の配信
 事業者が、利用者のアクションをカウントする必要がある場合などに使用される技術であり、この技術を使
 用することにより、Webサイト、及び広告の配信事業者は利用者のコンピューターを識別することが可能に
 なります。また、Webサイトや広告配信事業者は、この技術を使用してサイトや広告の解析(当サイトや他サ
 イトへのアクセスに関する情報の解析など)を行うことで、より利便性の高い、ユーザーにマッチしたサービ
 スを提供することを可能にしています。
 加えて、この技術は現在のWeb業界において、現存する多くの一般的なWebサイトで標準的に採用されてい
 る技術であり、決して利用者個人のプライバシーを侵害するような性質のものではないということを、ここに
 明記しておきます。従って、この技術によって、利用者の住所、氏名、電話番号、メールアドレス、等の個人
 情報が特定されるようなことは一切ありません。
 尚、クッキーの受け入れの可否は、個々の利用者の選択により、ブラウザの設定を変更することでいつでも
 変更することが可能ですが、クッキーの使用を拒否する設定を選択した場合、当ブログ、またはそれ以外の
 一般的なWebサイトにおいて、一部の機能が適切に動作しなくなることがありますので、予めご了承下さい。
 ご利用のブラウザでクッキーを無効化する場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を
 確認した上で、適切な設定を行なって下さい。






        iStockPhoto
  
ALIENWARE 18 宇宙戦艦ヤマト2199 戦艦Tシャツ ホワイト
ALIENWARE X51 【プレミアムバンダイ限定】1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊 メ号作戦セット

              プレミアム バンダイ
デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune
クロックス オンラインショップ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。