音楽ダウンロード・CD ~曲探しの旅~ TOP    スポンサー広告
  スポンサーサイト  音楽業界に関する考察
  音楽業界における、ローカル・マーケットの弊害 - パクリ考察 -



       

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽業界における、ローカル・マーケットの弊害 - パクリ考察 - 

1ヶ月ほど前(9/19)のことなんですが、
朝鮮日報日本語版に、

  『英国人記者「盗作は韓国音楽界のトレンドなのか」』

というタイトルの、
非常に興味深い記事が掲載されていたので、
今日はそれを紹介しましょう。


――以下、引用。

  音楽盗作疑惑に関連し、(株)ユニバーサル・ミュージック・パブリッシングの
  チョ・ギュチョル代表取締役がほろ苦いエピソードを公開し、
  注目を浴びている。

  音楽の盗作に関する討論に出席したチョ・ギュチョル代表は
  「現在、音楽の著作権者たちと契約し、
  彼らの権利を保護する仕事をしている」
  と自己紹介した後、韓国音楽界にまん延する
  盗作文化を垣間見ることができるエピソードを紹介した。

  チョ代表は「以前、あるイギリス人記者から電話をもらった。
  そのイギリス人記者はわたしに
  “盗作は韓国音楽界のトレンドだと聞いたが、
  本当なのか?”
と質問をした」と語った。

  チョ代表は「非常に驚いたが、“そうではない”と答えた。
  だが現在、韓国の多くのレーベルは(作曲家に)海外の曲を与え
  “盗作にならない程度に似せて書いてほしい”
  と要求することが多い
、と聞いている」
  と口惜しさを表した。

  さらに「盗作であることが明白なのにもかかわらず
  “8小節以上でないから盗作ではない”と主張する人が多い

  むやみにコピーする今の韓国の風土は変えるべき」と強く訴えた。

       ――http://www.chosunonline.com/article/20070919000062――


――と、いうもの。(注 太字は管理人。)


これを読んで、

  「ふ~ん。8小節までは盗作じゃないんだ……。」

などと、妙な感心の仕方をしたものの、
その後、ちょっと考え込んでしまいました。


    
           (楽天ブックス)


確かに現在、
韓国や中国による、違法、あるいは脱法コピーの問題は、
日常的によく見聞きします。

それに対して憤りを覚えるのも確かです。

しかし、こと音楽に限って言えば、
わが国の音楽業界は、
果たして「対岸の火事」とばかりに、
安全地帯から笑っていられる状況でしょうか?

上記記事の韓国ほどひどくはないにしても、
どことなくパクりくさい曲や、
海外のアーティストのスタイルや、曲のテイストを、
非常にうまく模倣したり、
取り込んだ曲が結構多いとは思いませんか?

欧米のアーティストが見たら、

  「OH ! コレハ、アキラカニ○○ノ真似デスネ」

と、間違いなく思うであろうアーティストさえ、
時にはいるように思われます。

つまり、上記韓国ほどのあからさまなパクりはないにしても、
もっと高度に洗練された、
非常にソフィスティケートされたやり方で、
海外のサウンドや、流行を模倣してる現状が、
一部ではあるけれど、確実に、
存在しているんじゃないか?
ってことです。

こういった現状の一因として、
ローカルマーケットの弊害、ということが考えられます。
即ち、国内でだけ売れればいい、という考え方ですね。

――国内限定。
先の韓国の例などまさにそうで、

  「海外(欧米諸国)に輸出する気など毛頭ない。
   どうせ国内でしか販売しないのだから、
   国内でのセールスを取りにいくのは当然だ。
   そのためには、
   少しくらいパクり臭くても、
   海外の最先端のトレンドを取り入れていく方が、
   プロモーションもしやすいし、よく売れる。
   すべてオリジナルで作るよりも、
   手間もヒマも圧倒的に少なく済み、効率が良い。
   我々は、自国の音楽業界の活性化のために、
   次々とヒット曲を生み出し続けなくてはならない。
   それが、資本主義的消費社会というものだ。
   どうせ国内でしか売らないのだから、
   バレる可能性も少ないし、
   仮にバレたとしても、8小節以下なので言い逃れられる。
   我々音楽業界の人間が食っていくためには、
   それもやむを得ないことだ。」

といった感じでしょうか。

奇矯な詭弁に聞こえますが、
あながち笑って(怒って?)ばかりもいられません。

……昔から言いますね。
“他人のふり見て、我がふり直せ”って。

隣国の音楽業界の、
あまり風聞の良くない気の毒な現状が表沙汰になっているこんな時こそ、
自国の音楽業界について考えてみる良い機会なのではないでしょうか?


………たとえば、
フリーソフトのWinamp(ウィンアンプ)などのメディアプレイヤーで、
海外発のインターネット・ラジオを聴いていると、
面白いことに気付きます。

日本語の音楽を聴くときには、
もちろん J-POPというジャンルを探せばいいんですが、
それとは別に、もうひとつ、
日本語の音楽を聴けるジャンルがあるんです。

それが、「Anime」です。

――そうです。
アニメですね。

アニメって、英語だと“Animation”なので、
略すとホントは「Anima(アニマ、もしくは、アニメィ)」
などというのが正確なところだと思うんですが、
そこは世界に冠たる日本文化、

  「アニメ

というのが、
当然の如く世界標準になっているのか、
そのへんのところは定かではありませんが、
ともかく、ちゃんと“Anime”と表記されています。

まぁそれだけ、日本のアニメという文化が、
世界に認知され、浸透している、
ということでもあり、
それとともに、
J-POPも海外に露出する機会を増し、
次第に認識されつつある状況である、
とも言えます。

こういった状況の中、
隣国の音楽業界の現状をただ眺めているのではなく、
自国の音楽業界をあらためて考えてみることは、
決して無駄なことではなく、
むしろそれこそが、
これからのJ-POPの為には、
必要不可欠な行動であるようにと思えるのですが、
いかがでしょうか?




★ 今回の記事が、面白かった、参考になった、いい暇つぶしになった、
  少しでもそう思われた方は、――どれかひとつで結構です。
  お手数ですが、下記バナーをクリックしてやって下さい。
  ……あなたの心優しきクリックが、更新の励みになります。m(_ _)m


   人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
   blogram投票ボタン



  【音楽業界】 関連項目
     音楽配信業界の今後 - DRMフリー楽曲の機運 -
     音楽CD(ニューリリース)を無料で配布!?
     音楽業界における、ダウンロード数の考察 - 日本の特殊な事情 -

  【カバーソング】 関連項目
     ラストシングル - Luther Vandross(ルーサー・ヴァンドロス) & Chic(シック)
     バラードの名曲-Sharon Bryant(シャロン・ブライアント)& Steve Perry(スティーヴ・ペリー)
     Behind The Mask(ビハインド・ザ・マスク) - YMO & Eric Clapton(エリック・クラプトン) -
     VOCALOID(ヴォーカロイド) - 初音ミクのYMO -
     カバーソング流行の功罪と、鼻歌検索サイト「midomi(ミドミ)」の小技







       

 【音楽ダウンロードCD ~曲探しの旅~】 管理人より、ひと言。
   当ブログでは、重度の音楽好きの視点から、ゴキゲンな音楽の紹介はもちろん、
   それ以外にも、いわゆるただの音楽レビューブログではない、
   曲探しや、歌詞検索に役立つ音楽関連サイトの情報や、それらサイトの使い方、登録方法、
   あるいは、音楽に関係するお役立ちツールの情報など、
   皆さんのミュージック・ライフに役立つ情報や裏技などを、随時お届けしていく予定です。
   ……今日、このブログに来て下さったのも何かのご縁。
   一期一会の出逢いに感謝を捧げるとともに、
   またの訪問を心よりお待ちしております。m(_ _)m


各種ブックマーク、ツイッターなどのご利用はこちら。 → 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://musicdownload1.blog93.fc2.com/tb.php/83-79273f9f



 ・Cookie/クッキーについて(プライバシーポリシー)

 当ブログでは、クッキー(Cookie)またはウェブビーコン、と呼ばれる技術を使用しています。
 クッキーとは、Webサイト利用者の履歴などを、利用者側のコンピューターのブラウザ上にファイルとして保
 存する仕組みを指し、一般的には、Webサービスで、ログインを必要とするような、利用者ごとにカスタマイ
 ズされたページを提供する場合や、アクセス解析など、Webサイトの利用者数を計測する目的などで使用す
 る場合、または、掲載されたバナーやテキストリンク等の、第三者の配信による広告において、広告の配信
 事業者が、利用者のアクションをカウントする必要がある場合などに使用される技術であり、この技術を使
 用することにより、Webサイト、及び広告の配信事業者は利用者のコンピューターを識別することが可能に
 なります。また、Webサイトや広告配信事業者は、この技術を使用してサイトや広告の解析(当サイトや他サ
 イトへのアクセスに関する情報の解析など)を行うことで、より利便性の高い、ユーザーにマッチしたサービ
 スを提供することを可能にしています。
 加えて、この技術は現在のWeb業界において、現存する多くの一般的なWebサイトで標準的に採用されてい
 る技術であり、決して利用者個人のプライバシーを侵害するような性質のものではないということを、ここに
 明記しておきます。従って、この技術によって、利用者の住所、氏名、電話番号、メールアドレス、等の個人
 情報が特定されるようなことは一切ありません。
 尚、クッキーの受け入れの可否は、個々の利用者の選択により、ブラウザの設定を変更することでいつでも
 変更することが可能ですが、クッキーの使用を拒否する設定を選択した場合、当ブログ、またはそれ以外の
 一般的なWebサイトにおいて、一部の機能が適切に動作しなくなることがありますので、予めご了承下さい。
 ご利用のブラウザでクッキーを無効化する場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を
 確認した上で、適切な設定を行なって下さい。






        iStockPhoto
  
ALIENWARE 18 宇宙戦艦ヤマト2199 戦艦Tシャツ ホワイト
ALIENWARE X51 【プレミアムバンダイ限定】1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊 メ号作戦セット

              プレミアム バンダイ
デル株式会社
マウスコンピューター/G-Tune
クロックス オンラインショップ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。